【2018年8月最新】グーグルアドセンスの審査に落ちた人が次にやるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

侍ブロガーの剣八です^^

今回は、グーグルアドセンスの審査に落ちた人が次にやるべきことをお伝えします。

2018年に入り、”アドセンスの審査に落ちまくる”という状況が続出しているみたいなので、数ある中の1つの対処方法として参考にして頂ければと思います。

2018年はアドセンスの審査に落ちまくる人が続出!

アドセンスの審査も、私がブログを始めた5年ほど前までは、シーサーブログのような無料ブログでも審査に通る時代でした。

記事の内容自体も、日記のような記事を5~10記事くらい書けば普通に通っていましたからね。

当時はその敷居の低さから、無料ブログをやっていた人も多かったんじゃないでしょうか?

しかし、そこから今度は無料ブログでは審査に通らなくなり、ワードプレスのような独自ドメインで記事を書かないと、そもそも審査に出せないという状況に変わりました。

これで一気に敷居も上がりましたよね!

今でこそワードプレスを使うのは当たり前の時代になってきましたが、当時はまだまだ無料ブログもいけてたので、慣れない人も多かったです。

そして、この2018年に入ってさらに審査の基準は高くなり、記事の内容も日記程度のものでは審査に通らず、しっかりとした記事をある程度の数揃えなければならなくなりました。

アドセンスの審査に落ちまくり?最新の審査基準を改めて確認

2018年に入りアドセンスの審査基準が高くなり、「審査に落ちまくる」という状況が続いています。

実際にGoogleのサジェストワードを確認してみても、

落ちた、落ちまくり、落ちたら、落ちまくる

といったワードで検索するユーザーが、増えていることがわかります。笑

よっぽど落ちまくってる人が多いんでしょうね。

ではアドセンスの審査を通すために何をすれば良いのかというと、手っ取り早いのは「公式のフォーラム」を確認することです。

アドセンスヘルプフォーラムはこちら
審査に合格する為のサイトの作成方法と再審査の注意事項

ざっくりと項目をまとめると以下のような感じです。

・独自ドメイン必須
・十分な量のコンテンツ
・1記事の文字数1000文字以上
・記事数は30記事以上
・ボリュームの少ない記事があるとダメ
・カテゴリー分けは必要
・カテゴリーページの記事数もバランスを取る(1つに偏らない)
・プライバシーポリシーを用意する
・各ページ循環しやすい状況を作る
・サイトマップを作る
・hタグを使って見出しの入った記事を作る
・見出しを見ただけで何について書かれているかわかるようにする
・記事内の文章はpタグを使って書く
・改行を多くし過ぎない
・長くスクロールしなくて良い書き方をする
・著作権の有無を確認の上適度に画像を挿入する
・画像サイズはモバイルを考慮して大きくし過ぎない
・ページの表示速度は早い状態にする⇒スピード診断はこちら
・サイト内のリンクとアドセンス広告との距離を保つ(近づけ過ぎない)
・再審査には2週間経ってから出す

これを見て率直な感想を言うと、「めんどくさい」の一言に尽きます。笑

ぶっちゃけ、これだけの項目があっても、初心者がいきなり完璧にはできないでしょうし、自分では完璧だと思って審査に出したけど、落ちたら何が悪いかなんてわかりませんよね。

「審査に落ちたらどうしたら良いのかわからない」

という心境も理解できます。

さらに、何のテーマや目的もなしに、ただ審査の為だけに1記事1000文字以上の記事を30記事以上書くというのも、酷な話です。

実際には2000文字以上書かないという情報もありますからね。

いや~、アドセンスの審査基準がここまで上がってたなんて予想もしませんでした。

これだけの審査基準があるんだったら、ハッキリ言って「ブログアフィリエイト」の記事の方が楽ですね。

テーマも決まっているし、どういう記事を書けば良いのかも決まっているので。

むしろ、ブログアフィリエイトの記事を書いていって、それが30記事以上揃ってからアドセンスの審査に出した方が効率的な気が・・・

アドセンスの審査に落ちたら次に何をするべきか?

では上記の審査基準に沿ってアドセンスブログを運営し、審査に出した結果落ちた場合はどうすれば良いのか?

その他のサイトでは以下の見直す項目が挙げられていました。

・1000文字を満たしていない記事を下書きにする
・グローバルナビゲーションを設置する
・カテゴリーの数を見直す(多すぎるといけない)
・タグクラウドを削除する
・外部リンクを削除する
・サイドバーのSNSの埋め込みや動画を外す
・ページスピードを上げる
・お問い合わせフォームを作る
・関連記事と新着記事を表示する
・ブログのテーマを見直す
・2週間空けてから再審査に出す

まぁ、基本的には「審査基準に沿ったことをやる」ってことですね。

結局コンテンツのボリュームや記事数などが満たされていなかったりするので、それがクリアできていない方は”そもそも論外”ってことです。

でもやっぱり敷居は高いと思います。

ただ私の場合、アドセンスの審査に落ちた後の次にやるべきことは、ちょっと他とは違います。

それは、”アドセンスブログ自体をやめてしまうこと”です。

審査に通らなかったら、いっそのことすっぱりとやめちゃってください!笑

その理由は下記の記事でもお伝えしてますが、たとえ30記事以上用意してアドセンスの審査に通ったとしても、結局は”労働地獄”に追い込まれるからです。

私がグーグルアドセンスブログをおすすめしない「確信的な2つの理由」

グーグルアドセンスが伸びないあなたを救う「誰も言わない本質的なアドバイス」

審査基準が上がったことで、何か審査を通すことが目的になっちゃってる方もいますが、そこからが本来のスタートですからね。

審査に通ったあとは、100記事200記事と毎日のように更新して、大手サイトと日々勝負しなければなりません。

しかし、それでアクセスが集まったとしても、報酬単価の低いアドセンスではせいぜい月に5000円~1万円を稼げれば良い方です。

これがブログアフィリエイトだったら、下手すれば1本商品が売れるだけで5000円~1万円を稼げてしまうんですよね。

さらに、テーマも絞ってブログを運営するので、見込み客だけを集めて効率的に稼ぐことができます。

ブログアフィリエイトの記事も、内容の濃い記事を書くことはアドセンスブログと変わらないので、ブログアフィリエイトをやる延長線でアドセンスの審査に出した方が、ぶっちゃけ通りますよ!

ですので、これからもしアドセンスブログを始めようと思っている方には、ブログアフィリエイトの方針でブログを作ることをおすすめします。

アドセンスブログをやめるなら早い方が良い。やめた後にやるべきことは?

まとめ

さて、今回はアドセンスの審査に落ちまくっている現状についてでしたが、2018年に入ってアドセンスの審査は本当に厳しくなりました。

正直、記事の書き方もわからない初心者に、1000文字以上の記事を30記事以上揃えろと言われても難しいですよね。

他にも審査項目はたくさんありますし、独自ドメイン(ワードプレス)の使い方も覚えなければならないので結構大変です(^^;

なので、アドセンスの審査に落ちてこの記事を読んだ方については、大きく方向転換することをおすすめします。

アドセンスブログをやめちゃってください!

仮に再審査で通ったとしても、アドセンスブログの行く末に「理想の未来」はありません。

毎日更新しなければならない”労働地獄”とその”対価に見合う報酬を稼げない”アドセンスブログをやっても、いずれ力尽きるだけですからね。

そういう未来は望んでいないという方には、”週に2記事でも大丈夫”ブログアフィリエイトに取り組むことをおすすめします!

このブログアフィリエイトの延長でアドセンスの審査に通すという形でも全然OKですからね。

もしブログアフィリエイトを始めたいという方は、下記の講座から手を付けてみてください。

後発組のためのブログアフィリエイトステップ講座

最後までお付き合い頂きありがとうございましたm(__)m

■関連記事

私がグーグルアドセンスブログをおすすめしない「確信的な2つの理由」

グーグルアドセンスのブログで稼げないのは当たり前!その本当の理由

アドセンスブログをやめるなら早い方が良い。やめた後にやるべきことは?

この記事を読んでわからなかった部分、もう少し説明して欲しい部分、もしくはその他に何か聞きたいことなどがありましたら、気軽にご連絡頂ければと思います。

後発組のためのブログアフィリエイトステップ講座

匿名ブログアフィリエイトの決定版!仮面ブロガーズ

お問い合わせはこちらから

【熱盛2018年企画】私が「理想の生活」を手に入れた夏

個人の時代で「理想の生活」を手に入れるためのメール講座

会社に捉われる時代はもう終わり!個人で生きる道をみつけよう!

【熱盛2018】剣八お墨付きの商品一覧を大公開!

この記事を書いている剣八のプロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す